赤ワインと白ワイン

食の好みは、年齢によって変わるものなのだと近頃実感しています。
もちろん、老いなどによって内蔵機能の変化から食べたいと思うものが変わってくることは想像できるのですが、味の好みにおいての変化が年齢によって変わってくるとは予想だにしていませんでした。
私はずっとワインは赤が好きでした。
あの濃厚な深みのある味が私の好みだと決定付けていたのです。
本当にこれまでたくさん赤ワインを飲んで来ました。
その時は、白ワインは視野に入っていませんでした。
私イコール赤ワインとまで思っていました。
しかし、仕事が管理職になった年齢の頃から、どういうわけか急に白ワインが好きになって来たのです。
しかも辛口が好みになりました。
それまでは、赤ワインは甘口から辛口までローテーションを組むように飲んでいました。
しかし、白ワインを好むようになってからは味の程度まで吟味するようになりました。
そんなこだわりに、ちょっとばかり大人を感じて酔いしれる自分がいます。
白ワインは、私にとっては大人の味です。