料理とワイン

ワインにあう料理と言えば、やっぱりフランス料理という方も多いかもしれませんが、最近では和食にワインという人が増えているそうです。
日本人にとって、食事の際のお酒と言えば、ビールが定番で、和食ともなると、日本酒と思う方も多いと思います。
しかし、案外ワインは和食にあうのです。
私も、ワインは好きですが、和食にあうという事を考えた事もなく、和食の食事の際はビールか日本酒を飲んでいました。
和食は洋食に比べ全般的に味が淡白で、白ワインがあいます。
白身魚の刺身や貝類には、辛口の白ワインがぴったり合うと聞き、半信半疑に試してみたのですが、日本酒のようなすっきりした感じが、和食とぴったりでした。
白いワインと言えば、甘口だという方もいらっしゃるかもしれませんが、和食にあわせるには、甘口ではなく辛口のすっきりした味のほうがあいますし、甘口にする事で魚介類の生臭さが強調されるのであわないという事もあります。
最近では、寿司屋さんでワインが寿司と一緒に出されるお店もあると聞きます。